日本ダンス・セラピー協会 年次大会

協会では毎年秋に年次大会を開催しています。全国から会員が集まります。大会では総会を開き、協会の活動や運営に関し議論し、議決を行います。また会員がワークショップを開き、技術交流を行います。シンポジウムや講師の先生をお呼びしての講演会が企画され、ます。懇親会(時には前夜祭もあり)では会員同士の交流を持ちます。

JADTA第27回全国学術研究大会in北海道

演題募集・参加申込みを開始します!!

大会会長 渡辺 明日香
(北海道文教大学)

今年の大会会場である北海道文教大学周辺では雪がすっかり融け、まもなく桜の開花を迎えます。心浮き立つ季節ですが、いよいよ4月14日から演題募集と参加申込みを開始します

今回の大会では実技発表・ポスター発表のほか、2日目のLet’s dance performance(市民に無料公開)で様々なジャンルのダンス作品(ソロ・複数)の発表を会員の皆さまから公募します。瑞々しい「ダンス」のエナジーを交流し、ダンスセラピーの原点を参加者皆で共有しましょう。

特別講演は古武道師範の実践家で、優れた理論家である瀧元誠樹先生にお願いします。演武の鑑賞、心技体の繋がりの体験からダンスセラピーへの多くの示唆をいただきたいと思います。

晴天時は大学隣接のカリンバ縄文遺跡で、石橋憲二先生による気功を体験できます。古い農家のサイロやオオウバユリの群生から北海道の歴史を心身ともに感じていただければ幸いです。

この他1日目に、協会理事・役員による企画講習を開催します。どなたでも参加できますが、協会認定資格取得を目指す会員の皆さんはダンスセラピー基礎論・実践論の単位を取得できるようにしました。

また、1日目の企画講習Ⅰ・Ⅱ、企画実技ほのぼの気功には初参加の非会員の方は1コマのみに特典パスで参加ができます。みなさまお誘いあわせの上、どうぞ奮ってご参加ください!!

大会概要

【開催日時と会場】

  • 大会(JADTA主催、恵庭市・恵庭市教育委員会後援)

日程:2018年(平成30年)9月1日(土)~9月2日(日)
会場:北海道文教大学(北海道恵庭市)

  • 理事会

日程:2018年8月31日(金)18:00~21:00
会場:北広島クラッセホテル(北海道北広島市)

  • 懇親会

日程:2018年(平成30年)9月1日(土)18:30-20:30
会場:北広島クラッセホテル

 

【大会テーマ】

「いのちのエナジー」 ~輝く感性、響きあう~

*ダンス・ムーブメントセラピーに参加する時、人々が感じる体感を表現しています。

【大会プログラム】

会員の皆さまから、ダンスセラピー実技発表(90分)、ポスター発表(2分程度のフラッシュトークとポスター前討論)、Let’s dance performanceでの様々なジャンルのダンス作品(5分程度、ソロ・複数)の発表を4月14日(土)から6月24日(日)まで公募します(詳しくは演題募集要項をご覧ください)。

  • プログラム概要:詳細は演題募集終了後、6月末~7月初旬に公開します。
2018年9月1日(土) 大会1日目
9:00 受付開始
10:25 開会式10:25-10:35
午前 大会長挨拶とミニレクチャー
企画講習Ⅰ  発達に障害のある子ども達のためのダンスムーブメントの活用 ※1
ダンスセラピー実技発表
昼休み 昼食と総会
午後

 

17:30終了

ポスター発表
企画講習Ⅱ ダンスの精神療法機能 ※2
企画実技  自然の中でほのぼの気功 ※3
ダンスセラピー実技発表
無料送迎バスでホテルへ移動
18:30〜20:30 懇親会 北広島クラッセホテル
北海道の幸を満喫!!
9月2日(日) 大会2日目
北広島クラッセホテルから大学へ無料バス運行
8:50 受付開始
9:20~

 

特別講演 コミュニケーションの起源として「立ち合う」を考える ※4
・演武と講演とワークショップ
・質疑応答と討論
昼休み 昼食
午後

 

17:00終了

ダンスセラピー実技発表
Let’s dance performance ※5
(市民無料公開)
閉会式
  • 閉会式後のアクセス:JR恵庭駅までタクシー3分550円または徒歩10分。タクシーを会場に呼べます。
  • JR恵庭駅発17:14→新千歳空港駅着17:27(400円)、徒歩→新千歳空港着17:36
  • 恵庭駅から空港行 JR快速エアポートは15分おきに発車します(逆向きの札幌駅行も15分おき発車です)。恵庭駅から札幌駅間は25分です。

 

<企画講習Ⅰ>(9月1日11:00〜12:30)

※1 発達に障害のある子ども達のためのダンスムーブメントの活用
講師:大橋さつき(和光大学現代人間学部身体環境共生学科准教授、協会理事)
講義とともに、療育で用いる遊具などを使ったダンスセラピーの実技を、実際に体験します。成人だけの参加の他、保護者1名に付きお子さん2名まで(障害の有無を問いません)同伴が可能です。
(希望の会員はダンスセラピー実践論 実践論Ⅵ その他の領域として単位取得できます。)

<企画講習Ⅱ>(9月1日16:00〜17:30)

※2 ダンスの精神療法機能
講師:葛西俊治(札幌学院大学大学院臨床心理学研究科教授、協会副会長)
主に「ダンスセラピーの母」と呼ばれ、アメリカ・ダンスセラピー協会初代会長を務めたマリアン・チェイスのアプローチに基づいて、精神療法としてのダンスセラピーを解説します。
(希望の会員はダンスセラピー基礎論 ダンスセラピー概論Ⅱとして単位取得できます。)

※1、※2どちらも、協会の資格取得を目指す方には2単位ずつを取得できる単位認定講座になります。単位取得希望の有無に関わらず大会参加者はどなたでも受講できます。

単位取得希望の方は以下のテキストを各自購入してご持参ください。

DTの理論と実践企画講習Ⅰ・Ⅱテキスト
ダンスセラピーの理論と実践

平井タカネ監修、大沼幸子他著
ジアース教育新社、2012年
ISBN 978-4-86371-187-7
定価:3,024円(税込み)
※当協会が制作しました
一般書店・Amazon等で購入可

<企画実技>(9月1日14:20〜15:50)

※3 自然の中でほのぼの気功(晴天時は大学隣接のカリンバ遺跡の一角で実施)
講師:石橋憲二先生(NPO法人気功協会会員。日本・台湾の気功老師に師事。札幌市西区健康づくりセンター講師に15年間従事後、現在は地域の気功指導者として活躍中)
ゆったりとあるがまま、自然の気をからだに巡らして、心と身体がふわっとゆるむ時間です。
他の実技発表と同様、資格取得を目指す希望の会員にダンスセラピー実践技法2単位が認定されます。


お天気が良ければこの一角で気功を!!

<特別講演>(9月2日9:20〜12:20)

※4コミュニケーションの起源として「立ち合う」を考える
講師:瀧元誠樹先生(札幌大学地域共創学群スポーツ文化専攻教授、藤谷派糸東流拳法空手道7段師範、全日本体道連盟体道8段師範、専門分野:スポーツ史、身体文化論、武芸文化論)
講演では、武術の技を修得する過程を、竹内敏晴の「からだが劈かれる」概念と照らし合わせて紹介します。ワークショップでは、コミュニケーションの起源として考えている「立ち合う」ことから、「触れる」意味を問いただしてみたいと思います。技の習得段階では、あらかじめ想定した相手に対する構え―心構えも含めて―があるわけです。しかし、実践となれば構えを解いて自然体となることが求められます。立ち合いの場でどのような技が生まれてくるのか、その場に身を委ねられることが大切です。そのためにも、感性を研ぎ澄まして触れあえるからだを正確に準備しなければなりません。こうした武術における「立ち合い」について、18世紀に描かれた佚斎樗山の『猫の妙術』での技の修得過程と、竹内敏晴の「からだが劈かれる」概念と照らし合わせながら紹介していきます。質疑応答と討論では、講演とワークショップを踏まえてダンスセラピーとの関連を皆で考えます。演武の披露も予定しています。

<Let’s dance performance>(市民無料公開:9月2日15:20〜16:50)

※5「共に学ぶ会員の皆さんの専門とするダンスをちゃんと見てみたい」または「自分の専門以外のダンスはあまり見たことがない」というご意見から企画しました。
ダンスセラピーを学ぶ会員の皆さんのそれぞれのバックボーンにある「様々なダンス作品の発表」を通して、さらに学びを深めたいと思います。コンテンポラリー、モダンダンス、舞踏、フリースタイル、ソシアルダンス、スパニッシュ、民族舞踊などジャンルは問いません。みなさまのご応募をお待ちいたしております。また市民の皆さまにも無料公開し、作品鑑賞後は参加者全員がダンスで交流、それぞれの輝く感性や「いのちのエナジー」を響き合わせる楽しい時間を持ちたいと考えています。

演題募集・大会参加申込

1-1.演題募集要項

・演題申込みをする方は、大会参加申込みも忘れずに行ってください。
・1)ダンスセラピー実技発表、2)ポスター発表、3)Let’s Dance Performanceダンス作品発表を募集します。
・演題申込み開始日は2018年4月14日(土)、締切日は2018年6月24日(日)必着とします。

応募資格 発表代表者は日本ダンス・セラピー協会の正会員に限ります。非会員の方で発表代表者として演題申込みご希望の場合は、入会案内のページから至急会員登録をしてください。
① 入会金+年会費のお振り込み
② その後の入会申込フォームへの入力と送信
を協会事務局が確認し、仮登録した時点から演題申込みが可能となります。

応募の際に、会員登録の有無を記入しなければなりません。非会員で発表代表者として応募したい方は入会申し込みを出来るだけ早く行なってください。仮登録確認まで10日程度かかります。

発表方法と時間など 

1)ダンスセラピー実技発表(ワークショップ)

内容:ダンスセラピーの実技発表を中心とし、必要な解説を加える内容として、申し込み時に400字程度の発表内容抄録を提出してください(演題名、氏名、所属は文字数に含めない)。
発表時間:参加者からのシェアを含め90分です。
会場:15m×8m、120mの部屋の4分の3程度の広さを利用できます。床はパンチカーペット風で、素足または屋内用シューズ履きが可能です(土足不可)。床に寝転ぶ場合など、必要であれば事務局で用意するヨガマットを使用できます(枚数に制限があるので申し込み時に必要枚数を記載していただきます)。
音源:CD再生デッキを用意します。その他の音源を用いる方は、ご自分で用意をお願いします。
参加者数:当日にならないとわかりませんが、各発表につき例年10名から20名程度です。

2)ポスター発表

内容:ダンスセラピーに関連する研究を内容とするポスターを作成してください。また、ポスター発表申込み時に400字程度の発表内容抄録を提出してください(演題名、氏名、所属は文字数に含めない)。
ポスターのサイズ:幅90cm×高さ150cm程度とし、様式は自由ですが演題名・所属・氏名、本文(図表・写真等を含む)をサイズ内にレイアウトしてください。
ポスター貼付:ポスターを貼り付けるためのテープ等は事務局で用意します。ポスター貼付は1日目昼休み開始後すぐに行ってください。2日目昼休み終了30分前までは発表後も掲示を続けることを原則とします。掲示時間終了後は発表者がポスターを撤去してください(残っている場合は事務局で廃棄します)。
発表方法:ポスター会場で2分以内のフラッシュトークを発表者が順に行った後、残りのセッション時間にポスター前での質疑応答・討論を行います(15~20分程度)。発表する方はフラッシュトークの準備をお願いします(時間厳守)。フラッシュトーク用にスライドを用意したい場合は、Windows7、PowerPoint 2013で映写できるものに限りUSBメモリで持参し会場のPCにファイルをコピーして実施してください(スライドは必須ではありません)。

3)Let’s Dance Performanceダンス作品発表

内容:ソロ、複数での発表が可能です。2人以上の場合は会員1名を含めて下さい(申込み時代表者を会員として下さい。Let’s Dance Performanceに出演するのみの非会員からは参加費を徴収しませんが、申込み時に氏名と所属を必ず記載してください)。1作品は出ハケ込みで5分以内です。ダンスのジャンルは問いません。申し込み時に作品やダンスセラピーに対するメッセージを本文300文字以内で提出してください。ステージ発表に準ずるので衣裳をご用意ください。
ステージ:特別なステージを設けておりません。大学敷地内のラウンジ(学生ホール)の一角で行います。
アクティングエリアはおおよそ間口8mで奥行きは6mの広さです。グループで参加される場合はこの広さを想定してください。床はパンチカーペットで段差はありません。普段は外靴で使用している場所なので必要なシューズをご用意ください。
音源:CDでご用意ください(パソコンではなく既製のラジカセで再生できることを確認したもの)
照明:地明かり程度
募集作品数8作品前後、先着順となります

1-2.演題申込み方法 - 締め切り日:6月24日(日)必着 –

申込方法は、以下の二通りあります。4月14日(土)から申込みを受け付けます。

①以下の演題申込みフォームに入力する方法

大会演題申込みフォーム

演題申込みフォームからは一回に一演題しか申込みできません。複数の演題を申し込みたいときは入力フォームに繰り返し申込みしてください。

②メールでのお申し込み法

A.下記の「演題申込項目ファイル」をダウンロードし、項目内容を全て入力したファイルを作成してください。
B.ダンスセラピー実技発表とポスター発表では400字程度の抄録、ダンス作品発表の場合は300字程度の作品やダンスセラピーについてのメッセージをA.「演題申込項目ファイル」とは別にWordで作成して下さい。
いずれの抄録・メッセージも演題・作品名、氏名、所属は文字数に含みません。複数の氏名には片カッコ上付き番号を振り、所属番号を対応させて、共同演者氏名と所属も表記してください。

以下からダウンロードした「演題申込項目ファイル」に記載してあるアドレスに、A・Bを同時に添付し、件名「第27 回大会演題申込み:○○(発表形式)」と記載して、メール送信して下さい。この他の詳細についても「演題申込項目ファイル」に記載がありますのでご確認ください。

→ 「演題申込み項目ファイル」ダウンロード(Wordファイル)(pdfファイル

1-3.<重要>演題申込み完了のご連絡

演題申込みが完了すると上記①演題申込みフォーム入力による場合は24時間以内に、②メールによるお申込みの場合は3日以内に、演題申込み完了しました!!自動返信メールが届きます。申し込み後①24時間または②3日たっても自動返信メールが届かないときの対策については、ここをクリックしてください。

2-1. 大会参加申込要領

大会参加申込み1)大会参加申込みフォーム入力(または申込み票のFAX送信)2)参加費振込みの両方を大会事務局で確認できた時点でお申込み手続き完了となります。

参加費等納入期限:早割8月4日(土)、その後の振込は申込み日から10日以内
参加費等の振込みが、8月25日(土)を過ぎた場合:当日現金で支払うか、振込証明書を当日必ず持参してください。

演題申込みの有無:演題申込みの有無に関わらず、大会参加申込みが同時に必要です。忘れずよろしくお願いします。

お弁当販売:会場近くにはコンビニや利用できるレストランはありますが、お昼休みが短いので慌ただしいかも知れません。特に1日目はお昼休みに総会がありますので、特に会員はお弁当の事前購入をご検討ください。当日販売はありません。

非会員初参加特典1コマパス:初参加の非会員の方のみの特典として、1日目の〈企画講習Ⅰ〉発達に障害のある子ども達のためのダンスムーブメントの活用〈企画講習Ⅱ〉ダンスの精神療法機能〈企画実技〉自然の中でほのぼの気功のいずれか1コマのみに、下表の価格で参加できます。以下に記載の1)2)の申込み法で申し込んでください。2コマ以上の参加を希望される方は、1日参加または2日間参加をお申込みください。
1コマパスで発達を選んだ方へ
 1.保護者1名につきお子さん2名まで1コマ特典パスで同伴可能です。
 2.同伴したお子さんも活動に参加していただきます。
 3.同伴の場合、保護者の方も参加を楽しみ、お子さんのお世話
 にも気を配っていただきますようお願いいたします。
 4.お子さんの年齢・障害の有無は問いません。
1コマパスの発達気功はお申し込み多数の場合、期限前に申込みを締め切ることがあります。

参加費

早割2日間
( 7/ 31まで)
普通2日間
(8/1以降当日)
1日参加 非会員初参加特典
1コマパス
弁当・お茶付
1人前
会員(仮登録中の方も含む) 10,000円 12,000円 7,000円  – 1,000円
(税込)
一般 12,000円 14,000円 8,000円 2,000円
当日も同じ
学生
(当日要学生証)
5,000円 3,000円 1,000円
当日も同じ
懇親会 5,000円(税込)

 

1)大会参加申込み(フォーム入力またはFAX送信)

申込みフォームへホームページから入力する方法:下記からお願いします。

大会参加申込みフォーム

②大会参加申込み票をFAX送信する方法:以下から申込み票をダウンロードして必要事項を記入し、以下にFAX送信してください。

北海道文教大学人間科学部 渡辺明日香宛  FAX: 0123-34-0057

→ 「大会参加申込み票」ダウンロード(Wordファイル)(pdfファイル

2)参加費振込み

参加費等は、郵便局備え付けの青文字の振込取扱用紙の通信欄に内訳(参加費区分・弁当・懇親会など)をご記入の上、早割の方は8月4日(土)まで、その他の方は8月25日(土)まで下記のJADTA第27回全国学術研究大会in北海道事務局:会計係口座にお振込み下さい。なお、振込証明書は保管して当日念のために持参してください(8月25日過ぎて振込んだ方は提出必須です)。振込料金は自己負担でお願いします。
※ 参加者のご都合でキャンセルの場合は返金致しかねますので、予めご了承下さい。

JADTA第27回全国学術研究大会in北海道事務局:会計係

口座加入者番号: 02790-8-50146
口座加入者名: 松本真由美

<青文字の振込取扱用紙で振込む場合の通信欄内訳記載例>

*例1)会員2日間早割り・弁当2日間・懇親会
10,000 +2,000+5,000=17,000円
*例2):学生1コマパス 1,000円
*例3):非会員1日・弁当9月1日分・懇親会
8,000+1,000+5,000=14,000円

 なお、ゆうちょ銀行の口座や、他の銀行の口座からの振込でも構いません。

他の銀行から振込む場合:

銀行名 :ゆうちょ銀行
支店名 :二七九店
口座番号:当座 0050146
加入者名:松本真由美

2-2.<重要>大会参加申込みフォーム送信完了またはFAX送信完了のご連絡

1)  大会参加申込み時に、
申込みフォームから申込んだ方:大会事務局から24時間以内に大会参加申込み内容の送信が完了しました!!自動返信メールが届きます。このメールを印刷して、大会当日にお持ちください。
FAXで申込んだ方:大会事務局から5日以内に大会参加申込み内容の送信が完了しました!!FAXが届きます。このFax用紙を大会当日にお持ちください。
どちらも配信されない場合ここをクリックして指示に従って対処してください。

2)参加費振込証明書と1)①または1)②を大会当日、受付へ提出してください。

アクセス

北海道文教大学(大会会場)

北海道恵庭市黄金中央5丁目196番地の1

JR新千歳空港駅よりJR快速エアポート乗車12分で3駅目の恵庭駅下車。東口より直進徒歩10分で北海道文教大学正門に到着。タクシーでは東口から基本料金550円3分で到着します。

北海道は遠くて交通費がかかることを気にかけていらっしゃる方が多いかも知れませんが、かなりの数の格安航空会社(LCC)が全国の空港から新千歳空港に乗り入れています。(新千歳空港発着のLCC全路線
LCCで格安航空券を手に入れるコツを知れば、その安さに驚かれるはずです。各種のインターネット記事をご参照ください。 例)格安航空会社LCC研究所

 

北広島クラッセホテル(懇親会、理事会)

北海道北広島市中の沢316-1
tel: 011-373-3800

JR新千歳空港からJR快速エアポート乗車20分で4駅目の北広島駅で下車。西口よりホテル無料シャトルバス乗車10分で到着(タクシー8分)。

9月1日朝は無料シャトルバスでホテル-北広島駅10分、JR乗車:北広島駅から会場最寄駅(恵庭)まで約10分。
1日目終了後:大会会場から懇親会場のホテルまで無料バスを運行します。懇親会終了後、JR北広島駅まで無料バスが出ます。

 

恵庭の魅力を覗いてみよう

恵庭市観光サイト ENIWA EYE


宿泊

北広島クラッセホテルに宿泊の方は、以下の大会特別料金で宿泊できます。
宿泊場所を強制するものではありません。
*大会1日目終了後は会場からホテルへ、2日目朝はホテルから会場まで、無料バスを運行します。
*クラッセホテルには天然温泉施設があり、宿泊客は無料で利用できます。

予約日 1泊料金/人
ツイン
朝食付
8月31日(金)
9月 2日(日)
7,000円
9月 1日(土) 7,500円
シングル
朝食付
8月31日(金)
9月 2日(日)
9,000円
9月 1日(土) 9,500円

北広島クラッセホテル宿泊予約の方法
北広島クラッセホテル以外に宿泊するのを妨げるものではありません
*ホテル予約開始日は4月1日(日)、予約締切り日は6月30日(土)です。各自,電話(ホテルフロント011-373-3800)かメール(info@kitahiroshima.classe-hotel.com)で直接ホテルに申し込んで下さい。
申し込み時に「日本ダンス・セラピー協会の大会に参加する」ことを必ず伝えてください。そうでないと通常料金での予約となってしまいます。
*ツインで予約する場合は「日本ダンス・セラピー協会の大会に参加する」ことの他、2名の氏名を伝えてください。
最初はシングルで予約し、後日、同室したい人が見つかった場合は、ツインに変更することができます。その時は再度ホテルに直接連絡してください。
*キャンセルについてはこのホテルの規定に従います。詳細は直接ホテルにお問い合わせください。


大会実行委員会事務局メンバー一覧

大会長
渡辺明日香(北海道文教大学人間科学部、理事・協会認定DTh、認定作業療法士)
事務局長・会計
松本真由美(日本医療大学保健医療学部、会員、精神保健福祉士)
事務局員
赤川智保(札幌国際大学スポーツ人間学部、会員・協会認定DTh)
宮脇 誠(宮脇誠モダンダンスアート主宰、会員)
関根惠(藤女子大学学生相談室、臨床心理士)
川瀬亜矢子(NPOピーチハウス、作業療法士)
志保井優子(北海学園大学学生相談室、臨床心理士)
奥村宣久(北海道文教大学人間科学部、作業療法士)
清水麻衣子(北海道文教大学人間科学部、作業療法士)
玉 珍(北海道文教大学人間科学部、 作業療法士)
村上優衣(北海道文教大学人間科学部、作業療法士)
濱谷 学(医療法人社団林下病院、作業療法士)

生涯教育基礎研修ポイントの発行(作業療法士のみなさんへ)

日本ダンス・セラピー協会(JADTA)は日本作業療法士協会の基礎ポイント対象学会に認定(2007年1月)されております。このため、作業療法士の参加者には生涯教育基礎研修ポイント取得を証明する参加証明書を発行します。ご希望の方は受付でお申し出ください。

90分以上1日参加まで1ポイント、2日間参加で2ポイントです。さらに演題発表者には1ポイント加算されます。

したがって、JADTA非会員で初参加の作業療法士の方には、一コマ特典パス(2,000円)だけで1ポイントの参加証明書を発行します。一コマ特典パスは、9月1日の企画研修Ⅰ:発達に障害のある子ども達のためのダンスムーブメントの活用、企画研修Ⅱ:ダンスの精神療法機能、企画実技:自然の中でほのぼの気功のいずれか一コマ(90分)をご選択の上、お申込みください(2コマ以上の参加をご希望の方は、1日または2日間の参加申込みをお願いします。)

連絡・お問い合わせ先

日本ダンス・セラピー協会 第27回全国学術研究大会in北海道 事務局

大会問合せフォーム

・送信すると、折り返し問合せ内容を記載した自動返信メールが届きます。
「jadta.org」からのメールを受信できるように、メーラーを設定して下さい。

・E-mailアドレス:
渡辺・松本・川瀬のいずれかがご回答します。
Let’s Dance Performanceに関しては、赤川・宮脇がご回答します。

・FAX:0123-34-0057:北海道文教大学人間科学部 渡辺明日香(大会長)

——————————————————————————————–

【お問い合わせ時の注意!!】

上記どちらの方法でお問い合わせいただく場合も以下の記載をお願いします。

件名:お問い合わせ内容が具体的にわかるタイトル
本文入力項目:
・ご氏名
・ご本人のメールアドレス(FAXでお問い合わせの場合は受信できるFAX番号)

E-mailでお問い合わせの場合:
携帯アドレスの場合、「」を受信できるように設定したアドレスをご連絡ください。

・電話番号:通じやすい番号を記載願いします。
・ご問い合わせ内容:できるだけ具体的に記載してください。

ご指定のメールアドレス(またはFAX番号)か電話番号に実行委員会から折り返しご連絡します。ご連絡には3日間程度(内容によっては1週間程度)かかる場合がありますので、しばらくお待ちください。


個人情報保護方針

登録された情報について

大会参加申込みや演題申込み時に大会実行委員会にお知らせいただく個人情報は大会実行委員会が厳重に管理します。
大会終了後は、会員の情報は協会事務局で漏えいのないように厳重に管理させていただきます。
会員以外の方については、大会当日の受付で「大会終了後に協会からの連絡を欲しい」という意思表示をされた方以外の情報は廃棄致します。

登録情報についての問合せ:大会実行委員会 

写真撮影について

大会での写真・動画撮影は、ニュースレター編集部を除き原則として禁止です。ご了解下さい。
撮影した写真の一部は、ニュースレターに掲載します。
撮影した写真を、個人を特定できない形で当サイトに掲載予定です。

写真撮影についての問合せ:JADTA News 編集部 

過去の大会の記録

過去の大会のページ(会員専用。パスワードはJADTA News最新号(2017年12月現在127号)の最終ページに記載してあります。時々変更します。)