学術研究誌『ダンスセラピー研究』

活動内容

ダンスセラピー研究

学術研究誌編集委員会は、2000年より機関研究誌「ダンスセラピー研究(Japanese Journal of Dance Therapy)」を発刊しています。投稿論文は、総説、原著、研究報告、症例報告、資料、短報、活動報告と幅広い種別があり、査読を経て収録されます。

「ダンスセラピー研究」の発刊によって、ダンスセラピーにかかわる実践知の蓄積、ならびに理論の検証・構築を目指すものであり、ダンスセラピーおよびダンスセラピーに関連する医療、福祉、教育、芸術領域の学術的発展に寄与しています。

会員には毎年発行時に郵送でお届けしております。
バックナンバーをご希望の方は、会員1,000円 、非会員3,000円でお分けしております(別途送料)。号によっては在庫切れの場合もあります。事務局にお問い合わせください。
(JADTA事務局  JADTA事務局メルアド

投稿規定

投稿をご希望の方、お問い合わせの方は、「投稿規定」(pdf)を御覧ください。

学術研究誌編集委員会

学術研究誌『ダンスセラピー研究』を発行し、研究を促進・支援

委員長 大橋さつき(和光大学現代人間学部人間科学科教授)
委員  成瀬九美(奈良女子大学生活環境学部心身健康学科教授)
    神宮京子(特定医療法人群馬会 群馬病院)
    鍛冶美幸(文教大学人間科学部臨床心理学科准教授)
    山田美穂(お茶の水女子大学生活科学部心理学科准教授)
    髙橋秀樹 (長崎女子短期大学幼児教育学科助教)

バックナンバー ほか

バックナンバーは協会事務局で管理しています。事務局()までお問い合わせください。