北島順子「教育現場で生かすDT的アプローチ」

投稿日: カテゴリー: 認定ダンスセラピスト

北島順子(大手前短期大学ライフデザイン総合学科准教授)

教職に就いた1988年から、教育現場におけるセラピューティックな視点の必要性を強く感じ、「ストレスマネジメント教育」や「体ほぐし」との関連の中で、ダンス・ムーブメントセラピーを教育現場で生かすための方法を探究しています。*担当科目:ボディワーク&コミュニケーション実習、ストレスマネジメント演習、健康ダンスエクササイズ、表現運動(ダンス)。*研修会:「教師のためのリラクセーション&コミュニケーションワーク」