梅田基金

梅田忠之賞

第 25 回学術研究大会の理事会(2016年10月14日)にて、町田会長より、協会草創期からの功労者 6 名に対して、梅田忠之賞を贈りこれを顕彰する旨の説明があった。
平井タカネ顧問と大沼幸子副会長に、トロフィーと賞状が授与された。
他の 4 名の受賞者は、岩下顧問、葛西副会長、松原理事、﨑山理事。

(JADTA News 123号より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です