学術研究誌『ダンスセラピー研究』

活動内容

学術研究誌編集委員会は、2000年より機関研究誌「ダンスセラピー研究(Japanese Journal of Dance Therapy)」を発刊しています。投稿論文は、総説、原著、研究報告、症例報告、資料、短報、活動報告と幅広い種別があり、査読を経て収録されます。

「ダンスセラピー研究」の発刊によって、ダンスセラピーにかかわる実践知の蓄積、ならびに理論の検証・構築を目指すものであり、ダンスセラピーおよびダンスセラピーに関連する医療、福祉、教育、芸術領域の学術的発展に寄与しています。

学術研究誌編集委員会
編集委員長:葛西俊治 (札幌学院大学心理学部臨床心理学科教授)
編集委員 :成瀬九美、大橋さつき、神宮京子、鍛冶美幸(順不同)

投稿をご希望の方、お問い合わせの方は、下の「投稿規定」を御覧ください。
投稿規定(クリックすると開きます)

「ダンスセラピー研究」投稿規定

平成24年9月 1日改定
平成27年3月31日改定

  1. 本誌への投稿者(共著者を含む)は、日本ダンス・セラピー協会会員に限る。
  2. 本誌の領域:ダンスセラピー並びにその周辺領域に関する学問の進歩に寄与し、未発表のものとする。
  3. 原稿の区分と内容:本誌に掲載する原稿の種類は、以下のように区分する。
    原稿区分 内容
    1.総説 ダンスセラピーに関する研究における総括および網羅的な解説
    2.原著 ダンスセラピーに関する独創的かつ深い考察に基づく研究論文
    3.研究報告 原著に準ずるダンスセラピーに関する研究論文
    4.症例報告 原著に準ずるダンスセラピーの症例を主とする研究論文
    5.資料 ダンスセラピーに関して研究的にまとめられた有用な資料
    6.短報 学術研究大会におけるポスター発表等の、将来的に上記1~5 に該当する研究へ結びつく萌芽的研究の報告
    7.活動報告 ダンスセラピーに関する実践活動などの価値ある報告
    8.その他 上記区分に含まれないが、編集委員会で適当と認められた内容
  4. 原稿の採択:原稿の採否は編集委員会が指名した2 名の査読者による査読結果に基づき編集委員会において決定する。なお、完成原稿になるまでに編集委員会から区分の変更、書き直しの要請もありうる。
  5. 著作権:本誌が採択し掲載した原稿の著作権は、すべて日本ダンス・セラピー協会に所属する。版権使用については編集委員会に届け承認を得る必要がある。
  6. 倫理規定:日本ダンス・セラピー協会倫理規定を順守すること。特に事例報告や実践報告における研究は世界医師会総会(World Medical Assembly)にて承認されたヘルシンキ宣言(1964 年承認、2008 年追加)の精神に則るとともに、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」(平成20 年厚生労働省告示第415 号、平成21 年4 月1日より施行)に従わなければならない。
  7. 表題・抄録などの表示:総説、原著、研究報告、症例報告、資料の区分は全て、日本語の他に欧文による題名、所属、氏名をつけ、別紙に欧文による300 語以内の抄録を和文訳とともに提出する(原則として欧文は英語)。短報、活動報告、その他はこの限りではない。投稿時にはネイティブチェックまたは英文校閲業者等により校閲済であること。
    なお、原稿の表題ページには、
    1) 総説、原著、研究報告、症例報告、資料、短報、活動報告などの別
    2) 和文・欧文それぞれによる3~5 語のキーワードを明記する。
  8. 原稿の規定字数など:原則として区分ごとに以下の通りとする。
    原稿の区分 上限字数
    1.総説、2.原著、3.研究報告、4.症例報告、5.資料 16,000 字
    6.短報、7.活動報告 1,600~3,200 字
    8.その他 編集委員会で協議

    A4 版で40×40 字で、横書きとする。本体は「~である」調、新かなづかい、常用漢字、算用数字を用いる。写真掲載(アート紙)等の費用は著者負担とする。

  9. 引用文献:必要最小限度とし、本文の最後に引用順に文献番号を振る。表記は医学雑誌の国際統一規定Vancouver Style に準ずる。定期刊行物の表記は「著者名,論文名,誌名,発行年;巻(号):ページ」の順、単行本の表記は「著者名,書名,発行年,発行所:発行地,引用ページ」の順とする。共著者は3 名までとし、それ以上の場合は「他」と記す。
  10. 外国語論文:英語のみ認める。その際、5,000 語を限度とする。投稿の際は、300 語以内の要約を和文訳とともに提出する。その他の点は、1~9 に記した条件と同じである。
  11. 原稿の送付:原稿はMicrosoft Word で作成し、E-mail に添付して提出する。

<投稿に関する問い合わせ・原稿の送付先>
日本ダンス・セラピー協会 学術研究誌編集委員会 事務局

(注意:このメールアドレスは、スパム防止のため画像で表示してあります。クリックしても何も起こりません。お手数をおかけして申し訳ありませんが、手入力でメールをお出し頂ますようお願い申し上げます)

バックナンバー目次