ダンスセラピスト資格制度

 

日本ダンス・セラピー協会認定資格申請について


 平成17年4月1日より施行された当協会のダンスセラピスト、アソシエイト・ダンスセラピスト、ダンスセラピー・リーダーの3種類の資格認定制度をより充実するため、平成20年4月1日より、一部取得単位の領域などを変更することとなった。平成20年度より資格申請を希望する場合は、資格制度解説書(2008年度改訂)を熟読した上で申請をされたい。

日本ダンス・セラピー協会
資格制度委員会委員長 葛西俊治 
資格認定委員会委員長 﨑山ゆかり

資格制度の経緯
日本ダンス・セラピー協会は、設立当初より資格制度確立のため検討を進め、平成7年第4回東京大会より、総会やシンポジウムの形でその検討内容を報告してきた。平成8年第5回福岡大会からは、ダンスセラピーに特に必要とされる履修内容について討議を重ね、一定のプログラムについて受講証明書を発行してきた。
ダンスセラピーに対する社会のニーズの高まりとこれまで検討を重ねた経緯をふまえ、平成11年4月より、日本ダンス・セラピー協会としてダンスセラピストの資格認定を開始した。平成16年度臨時理事会において、認定に必要な履修科目と単位数の改定が、3年後に見直しをすることを前提に承認され、新たに2つの資格(アソシエイト・ダンスセラピスト、ダンスセラピー・リーダー)を追加創設した。平成17年度の申請から申請期間などの統一を図り、ダンスセラピーを学ぶ者が段階的に資格取得が可能となるように改善を図った。またダンスセラピーを学ぶ機会を充足させるため、申請に必要な科目の単位が取得できる認定講習会を実施してきた。
こうした経緯をふまえながら、平成18・19年度資格制度委員会および理事会等で、資格制度について継続審議を行い、資格制度充実のため次のような改善を図ってきた。
協会員の有資格者が開催するワークショップにおける資格申請のための単位認定
スーパービジョン制度
ダンスセラピー・リーダーに特化した養成講習会の開催
講習会用テキストの編纂

 平成20年度からの申請についても、これまで同様定められた条件を満たしていると認められた場合のみ可能となる。

協会認定3資格についての概要

名称 ダンスセラピスト アソシエイト・
ダンスセラピスト
ダンスセラピー・
リーダー
職域 臨床でのダンスセラピーの実践・指導および教育(スーパービジョンの実施、単位認定講習会開催) 臨床でのダンスセラピーの実践 臨床でのセラピスト補佐および自身の専門領域でのダンスセラピー的アプローチの活用
必要な単位取得領域 ダンスセラピー
基礎論
12単位以上
(必修8単位を含む)
8単位以上
(必修科目)
4単位以上
(必修科目から)
ダンスセラピー
実践論
12単位以上 4単位以上 4単位以上
精神身体
医学論
16単位以上 8単位以上 不問
ダンスセラピー
実践技法
20単位以上 10単位以上 8単位以上
総単位数 60単位以上 30単位以上 16単位以上
舞踊経験 100時間以上
(モダンダンスなどの自由な創造的身体表現を主とするダンス50時間以上、その他のダ
ンスが50時間以上)
100時間以上
(モダンダンスなどの自由な創造的身体表現を主とするダンス50時間以上、その他のダ
ンスが50時間以上)
問わない
臨床経験 200~600時間以上 50時間以上 不問
実技審査 あり あり なし
推薦状 1通(所属長) 2通(所属長・協会理事) 不問
協会在籍期間 3年以上 2年以上 不問
*但し登録時は協会員であること
年次大会参加歴 2回以上 1回以上 不問
年次大会発表歴 1回以上 不問 不問
申請料 15,000円 10,000円 5,000円 *b
登録料 30,000円 20,000円 10,000円
*a
資格更新手続き 5年毎
*5年間に2回の年次大会参加、1回の発表が更新条件となる
不問
不問

(以下の資格要項および認定条件を省略します)


*a ダンスセラピー・リーダー資格の登録料は、学生については半額の5,000円となりました。(2013年度理事会: 8/28, 2013)
*b ダンスセラピー・リーダー資格の団体申請料は別途に設定。

 

下記から、資格取得に必要な「資格申請書類一式」をダウンロードできます。
なお、「資格制度解説書」には資格取得要件についての重要な情報が掲載されています。協会が認定する三つの資格 「ダンスセラピスト」「アソシエイト・ダンスセラピスト」「ダンスセラピー・リーダー」に関する詳細をお知りになりたい方も、ご覧下さい。


資格申請書類一式

※ダンスセラピー・リーダー養成のための講習会を開きたい方は、協会認定講習会の開き方をダウンロードして下さい。

※ダンスセラピスト資格とアソシエイト・ダンスセラピスト資格についての申請書類は、毎年5月1日から5月31日の間に担当部署必着となっていますのでご留意ください。(なお、ダンスセラピー・リーダー資格はいつでも申請できます)


資格についてのお問い合わせ

  • 一般的な質問については「資格についてのQandA」コーナーにて、順次、説明を追加していますのでご覧下さい。
    (メールでの個人宛の回答は行っておりませんのでご了承下さい。)
  • 会員の方で資格取得を目指している方には、下記にて回答いたします。
    (なお、資格認定の際には協会会員であることが必要です。)
  • ダンスセラピー・リーダー資格の「団体申請」、「認定講習会」については 「認定講習会の開き方」 のコーナーをご参照ください。必要な書類もダウンロードできます。(更新、2016/3/21)

日本ダンス・セラピー協会 資格制度委員会


資格認定委員会

日本ダンス・セラピー協会が認定する3種の資格を認定する委員会です。資格認定には様々な規定があります。資格取得には、認定単位の修得や書類作成など、多くの手続きが必要となります。当委員会では、これらの規定や資格取得に関する様々な事項を精査します。

  • 資格受験申請に関する書類の審査
  • 資格取得時の受験審査(実技審査)
  • 資格取得後の認定更新審査
  • 資格申請が可能な「認定講座」の申請受付及び審査

資格制度委員会

協会認定資格は「ダンスセラピスト」「アソシエイト・ダンスセラピスト」そして基礎的な資格の「ダンスセラピー・リーダー」の3種類があります(平成17年度施行、20年度一部改訂)。そうした資格制度の内容を検討するのが資格制度委員会です。その後、資格認定に必要な要件は平成28年度(新サーバー開始年)に至るまで大きな変更はないため、現在は資格制度の運用状況の確認が主な業務となっています。