『ダンスセラピー研究』第10巻 第1号(2017年)

投稿日: カテゴリー: 協会からのお知らせ学術研究誌

2017年3月31日発行

目次

巻頭言
学会誌は未来を拓く  町田 章一………1
特別企画 海外からの報告
特別企画にあたって  神宮 京子………3
Belonging(帰属意識):アイデンティティの創造  川野 知世………5
心理療法としてのダンスセラピー  梶 明子………11
原  著
同調動作課題におけるパフォーマンスとコミュニケーション・スキルとの関連性  成瀬 九美…17
資  料
テンションフローリズムにおけるミックスリズムに関する一考察
一身体的共感につながる動きのリズム体験を通して一  崎山ゆかり…27

ケステンバーグムーブメントプロフィールにおけるテンションフロー特性とその応用に関する一考察  崎山ゆかり‥・37

活動報告
グループでオーセンティック・ムーヴメントを学ぶ
一体験と文献による取り組み
川岸 恵子・田中恵美子・淡野 登志・成瀬 九美…43

Japan Journal of DANCE THERAPY vol.10, N0.1

Preface…1
Shoichi MACHIDA

Special issue
Preliminary Remarks to the Special Topic…3
Kyoko JINGU
Belonging: Creating Identity…5
Tomoyo KAWANO
Dance Therapy as a method of clinical psychology…11
Akiko KAJI

Original
Relationship between synchronized performance and communication skill…17
Kumi NARUSE

Research Material
A Study of Mixed Rhythm in Tension Flow Rhythm
through Movement Rhythm Experiences for Kinesthetic Empathy…27
Yukari SAKIYAMA
A Study of Tension Flow Attributes in Kenstenberg Movement Profile and the Application…37
Yukari SAKIYAMA

Report
Learning Authentic Movement in the group
-An approach by our experience and by studying literature…43
Keiko KAWAGISHI, Emiko TANAKA, Toshi TANN0, Kumi NARUSE

抄録

特別企画『海外からの報告』

Belonging(帰属意識):アイデンティティの創造
川野知世,PhD,BC-DMT,NCC,LCAT.
Belonging: Creating Identity
Tomoyo Kawano, PhD, BC’DMT, NCC, LCAT.

ダンス/ムーヴメント・セラピー(DMT)の知名度は音楽療法やアート・セラピーに比べてアメリカでも格差がある。これは就職はもちろん、ダンス・セラピストとしてのアイデンティティにも影響がある。今、ダンス・セラピストに必要なのは何か。アメリカの大学院教育に携わるようになった日本人としてこの道を歩むようになった経緯をたどりながら、現在のアメリカ・ダンス・セラピー協会のインクルージョン教育を掲げる新規の教育の基準をもとに考えてみる。様々な視点から共同研究に従事することによってDMTのアイデンティティを明確にし、文化・社会の受け入れを変えていくことが必要なのではと考える。公共のニーズや医療制度の要望に応えて、数多くのコミュニティと理解を深めるコミュニケーションをとることが今後の課題である。

キーワード:聴く,帰属意識,アイデンティティ
Key words: Listening, belonging, identity

特別企画『海外からの報告』

心理療法としてのダンスセラピー
梶 明子
心理療法としてのダンスセラピー 11
DanceTherapy as a method of clinical psychology
Akiko Kaji, PhD
ダンスを心理療法として用いるダンスセラピーでは、ケースの見立てやゴール設定、介入の仕方などを考える際、心理学的理論やラバンなどの動作分析を、理論的裏付けとして応用することが必要である。ダンスセラピーでは、他の心理臨床と同様、様々な心理理論が応用される。本稿では、特にダンスセラピーと相性が良いと考えられている力動的精神分析、特に対象関係論を応用した、架空のケースを解説する。クライアントは10歳の少年で、いじめにあったことをきっかけにセラピーを受けることとなった。非常に高い学力を持ちながらも人間関係の問題を抱え、孤独を訴えていた。グンスセラピーでは、WinnicottとKleinを中心とした対象関係論を用いて、ケースの見立てと介入を行った。このケースから、心理理論をダンスセラピー臨床に応用する過程を紹介する。

キーワード:ダンスセラピー,臨床心理,対象関係論
Key words: Dance Therapy, Clinical Psychology, Object Relations Theory

原著論文

同調動作課題におけるパフォーマンスとコミュニケーション・スキルとの関連性
成瀬九美*1
Relationship between synchronized performance and communication ski11
Kumi NARUSE

We investigated the relationship between the characteristics of synchronized performance and communication
skill.Thirty subjects were enrolled, from which 15 pairs were formed. A dual task consisting of forearm rotation
movement and push-button reaction to a sound stimulus was utilized, with 4 experimental conditions; Leader,
Follower,Pair,and Single. The subjects maintained their preferred speed under the Leader condition and followed
the leader’s speed under the Follower condition.Under the Pair condition, speed was accordingly modulated,
while preferred speed was used under the Single condition. Rotation speed, coefficient of rotation speed, and
reaction time were analyzed.The ENDCOREs, which consists of 6 components (expressivity,assertiveness,
decipherer ability, other acceptance, self control, regulation of interpersonal relationship),was used to measure
communication ski11.
0ur results showed that decipherer ability and assertiveness showed significant correlations with synchronized
performance. Subjects who attained a high score were able to adequately modulate speed under each experimental
condition.Those results indicate that smooth communication is influenced by different skills, including the encode
and decode systems.
キーワード:同調動作課題、コミュニケーション・スキル
Key words: synchronized performance, communication skill

資料

テンションフローリズムにおけるミックスリズムに関する一考察
一身体的共感につながる動きのリズム体験を通して一
﨑山ゆかり*1
A Study of Mixed Rhythm in Tension Flow Rhythm
through Movement Rhythm Experiences for Kinesthetic Empathy
Yukari SAKIYAMA
Tension Flow Rhythm (TFR)in Kestenberg Movement Profile (KMP) has two categories related rhythm-Pure
Rhythm and Mixed Rhythm.Gaining experience with these senses of Rhythms is vital when learning and
mastering TFR. It is necessary for learners of Pure Rhythm to feel each rhythm by employing various exercises,
such as movement and drawing. Learners should practice the notation lines repeatedly until they memorize them.
However,Mixed Rhythm differs in terms of the learning contents of Pure Rhythm. After understanding Pure
Rhythm well and memorizing the rhythm lines, Attunement is required by using kinesthetic empathy. In other
words learning evolves from experience. The technique of kinesthetic empathy is necessary for Dance/Movement
Therapists to understand clients.
Methodology to experience Mixed Rhythm consists of making pairs or groups, and moving together using
different Pure Rhythms. As such, it is necessary to blend each other’s Pure Rhythm. 0ur understanding can
develop based our own preferences of each rhythm.Furthermore,in observing how to blend and create the
Mixed Rhythm, we can gain a lot of insight. Pure Rhythm and the Mixed Rhythm may have their own meaning
in KMP, but practitioners should pay careful attention to the interpretation of each. Theoretically,the number of
combinations of Pure Rhythm is forty five but only eight are to be described in references only.
Experiencing blended rhythms is necessary to understand Mixed RIがhm. Blends can go we11, and they c皿
fail.M/hen blends go we11, we call it Attunement and Clash when they fail. It is important for a11 Dance/
Movenment Therapists to understand both.Beyond the preference of one’s rhythm, it is this specialized technique
of the therapist to be able to attune to clients’ rhythm. Learning of the Mixed Rhythm will give us such learning
opportunities.
キーワード:テンションフローリズム、ミックスリズム‘、調律、
ケステンバーグムーブメントプロフィール、身体的共感
Key word: Tension Flow Rhythm, Mixed Rhythm, Attunement, Kestenberg Movement Profile, Kinesthetic Empathy

資料

ケステンバーグムープメントプロフィールにおける
テンションフロー特性とその応用に関する一考察
﨑山 ゆかり*1
A Study of Tension Flow Attributes in Kenstenberg Movement Profile
and the Application
Yukari SAKIYAMA
Kestenberg Movement Profile (KNIP)used in Dance/Movement Therapy is a useful tool for in-depth and
complex movement analysis. Tension Flow Attributes (TFA)is one of nine categories used in analysis in KMP,
and is considered the most complicated category with regards of notation. To that end, it is difficult to use KMP
in clinical settings with ease for Dance/Movement Therapists.
TFA is the only category that does not notate movements based on direct observation. Movements are analyzed
by Tension Flow Rhythm (TFR) lines via the TFA classification standard, and finally calculated to produce a
KNU)diagram, However, when the TFA includes the nucleus of feelings, through six factors of TFA, Dance/
Movement Therapists can relate to clients. It is vital to discuss the technique of Attunement to aid this profession.
Once comprehended, the basic meaning and six factors in TFA, we can apply TFA in various interpersonal
fields even if one is not an expert in every single KN/IP category, factor and their notations. For example, a
preschool teacher trial by using TFA to smoothen the shift time for naps from lunch shed a light on possibilities
for casual applications of TFA. Furthermore,this allows concrete guidance for better Attunement to help
understand flow now and bound flow in TFA.
キーワード:ケステンバーグムーブメントプロフィール(KMP)、
テンションフロー特性(TFA)、調律
Key words: Kestenberg Movement Profile (KMP), Tension Flow Attributes (TFA), Attunement

活動報告

グループでオーセンティック・ムーヴメントを学ぶ
一体験と文献による取り組み
川岸 恵子*1・田中 恵美子*2・淡野 登志*2・成瀬 九美*1
Leaming Authentic Movement in the group
一An approach by our experience and by studying literature
Keiko KAIVAGISHI,Emiko TANAKA,
Toshi TANN0,Kumi NARUSE
オーセンティック・ムーヴメント(AM)は動き手(ムーヴァー・mover)のからだから起こる動きがムーヴァー自らの感覚、感情に留まらず、見守り手(ウィットネス・witness)との交流という観点においても分析される開主観的体験である。我々は、AMに関して自ら体験する過程と文献検討を継続し、特にウィットネスの存在に焦点を当てて、理解を深めようと試行錯誤中である。その学びはただ今のところ、AM実体験と各自の記録だけにとどまらず、ムーヴァー、ウィットネスとしての振り返りを含めた共有が中心となっている。ここで生じた「私だけの記録」から「私たちの共有記録」へのシフトは、参加者の対等な関係性を元に成立することが確認できた。そこに、AMがダンス/ムーヴメントセラピストとしての視点の深化の可能性が示されているといえる。

キーワード:オーセンティック・ムーヴメント、グループによる学び、ウィットネス
Key words: Authentic Movement, group learning, witness